読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

R-1でのブルゾンちえみネタ飛び号泣を憂う。

かえすがえすも残念だったのはR-1のブルゾンちえみである。

ネタが飛んでしまったとか言って泣いてしまったことは、彼女の人気を失速させるきっかけになるだろう。

 

その昔、毒舌で人気だったトニー谷が人気が落ちたきっかけはご子息の誘拐事件で、マスコミの前で泣き崩れるトニー谷の姿に、世間は「ほんとはいい人なんザンス」と思ってしまった。毒舌スタイルが「演じられているもの」とばれてしまったのだ。
これからはブルゾンちえみの同じネタを見ても、「がんばって小生意気なワーキング・ガールのネタを演じている若い女性」としてしか見えなくなってしまう。そこに応援はあっても笑いはない。再起を切に願う。

ブルゾンちえみトニー谷に個人としては同情するが、「素を見せる」ことが致命傷になるスタイルの芸能人というのは存在する。

誰だって、すっぴん・上下スエットと健康サンダルで近所のコンビニに買い物に行く叶(かのう)姉妹なんか見たくもないのだ。


↓ラジオ番組、始めました。

ch.nicovideo.jp

 

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

 

 

 

hirokatz.hateblo.jp