読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰もが絶対食べてみたくなるカレーの話・小山薫堂『もったいない主義』より(R)

カレーの話。

 

どんなに満腹の人にでも、必ず食べてみたいという気持ちにさせるカレーがある。
なにも特殊なカレーではない。
ふつうの人参とふつうのじゃがいも、ふつうの肉の入ったふつうのカレーである。

 

ある大学の、オープンキャンパスの日のできごと。
大学1年生の前に、大鍋いっぱいのカレーが置かれる。
講師が学生に聞く。
「このカレー、食べてみたい人はいますか」
昼下がり、空腹の者はおらず、誰も手を挙げない。

 

「誰もいませんか。
でも、これを作った人のことを知れば、きっと食べたくなるはずです。
では、作った方に、入ってきていただきましょう」
そう言って講師は、一人の中年女性を招き入れた。

 

講師が女性に聞く。
これ、いつも家族に作っているカレーですか?
「はい」と女性は答え、「特に次男はこのカレーが大好きで、こればっかり食べてます」と言う。
次男さんは今どこに?
「仕事でアメリカにいます」
ほう、ご次男さんのお仕事は?
「スポーツ関係です。野球選手をやっています」
失礼ですが、お名前は。
「鈴木といいます」
なんと、女性はマリナーズ(当時)のイチロー選手のお母さんだったのだ。

 

イチロー選手のカレー好きは有名で、彼は一時期まで毎朝毎朝カレーを食べて試合に出ていたそうだ。
そのイチローを育てたカレーが目の前にあるとなれば、誰だって食べてみたいと思うのではないか。

 

映画「おくりびと」の脚本家、小山薫堂の著書「もったいない主義」(幻冬舎新書 2006年)に出てくる話(p.19-21)で、最近読んでえらく感心した。
その場にいたら絶対食べていただろうなと思い、ブランドとか付加価値とかってことが、初めて体感できた。

 

ちなみに、この小山薫堂という人、根っからのカレー好きのようだ。
なにしろ「もったいない主義」では36回、「考えないヒント」(幻冬舎新書 2006年)では52回(うち5回は“カリ~”)も「カレー」という単語が出てくる。
(FB2013年7月25日を再掲)

↓ラジオはじめました。

ch.nicovideo.jp

 

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45