読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すでに過ぎ去った夏たちへ(R)

夜。

窓を開けて風を呼び込み、

りりりと鳴く虫の音を聞く。

ゆるりと足もとを涼しさが流れていき、

こっそりと秋が始まろうとする。

_ そうはさせじと

明日も夏は頑張るのだが、

いかんせん時の流れは残酷で、

強い日差しをお払い箱にする。

_ 子供らは

宿題に追われ、

時計よ戻れと虚しく祈る。

7月20日、

目の前には無限の可能性の日々が広がっていたはずなのだが、

どうしたことか早8月も終わり、

きりきりと始業式が迫り来るのだ。

_ なんたることだ、

あきれたもんだ、

40日も浪費した。

あれもしてない、これもしてない、

ただただ無為に時間を過ごした。

せっかくの夏休みを、ああほんとうにもったいない。

_ だがしかし

5年10年15年が経ち、

今や立派なオトナとなった、元のコドモは突如として気づく。

茹で上がるような亜熱帯の太陽の下でだらだらと過ごした、

あの40日の無駄で無為で無意味な日々こそが

二度とは味わうことのできない

素晴らしく豊潤で、かけがえのない日々だったのだと。
(hirokatz.tdiary 2004年8月30日を再掲)