読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とにかく明るい安村「安心してください、穿いてますよ」大流行の裏を読む。

流行り言葉や流行歌、一世を風靡する人物には時代の無意識が反映されている。
時代に足りないものを人々が本能的に求める結果、その時代に欠落しているものが大流行するのである。

今、ぼくが憂いているものは、とにかく明るい安村氏の「安心してください、穿いてますよ」の大流行の裏側に潜んでいる現代の病巣だ。
「安心してください、穿いてますよ」という言葉を人々が求めているという現象から、現代日本に欠落しているものが見えてくる。欠落するものを補うために、人々はこの言葉を心の底から求め、誰かに言って欲しいと願っているのである。

 

それにしても、世の中「穿いていない」人はそんなにも多いのだろうか。

 

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45